薬工房コバヤシのコンセプト

薬工房コバヤシについて

漢方で“こころとからだ”をお元気に!

健康とはイコール丈夫な肉体と思っている方を多くみうけます。確かに健康の「健」は丈夫な“からだ(肉体)”です。

しかし、「康」はやすらかな“こころ”という意味です。丈夫なからだとやすらかなこころを併せ持った状態を「健康」と言います。

また、健康人とは、社会の為に尽くすことが出来るこころとからだを 持っている人と言えるのではないでしょうか。愛知県刈谷市の薬工房 コバヤシは “からだとこころ”「心身一如」を重要視します。


東洋医学(漢方薬)は、体の治癒力を引き出す医学です。体質や病状、各種の治療状況に応じて、漢方薬は決定されます。

子宝相談、アトピー性皮膚炎をはじめ、がん、肝臓疾患や糖尿病、高血圧、腎臓疾患(クレアチニン・eGFR)など治療中の方も、体力や免 疫力を高めるお手伝いをさせて頂いております。

お気軽にご相談ください。


― 健康情報 ー 
 

★こんな症状が思い当たる方は「低体温」が原因かもしれません  


                                                
① 平熱が35℃台    女性3
②軟便、下痢になりやすい
③手足が冷たい     
④体のだるさを感じる
⑤風邪をひきやすい   
⑥朝、起きられない
⑦生理痛がひどい    
⑧やる気・意欲の低下

本来、私たち人間の体温の平均は36.5℃ぐらいであり、これは体内の酵素が最も活性化され働いてくれる体温です。
しかしここ10年ほどで35℃台の低体温の人が増えています。
健康な人は細胞の新陳代謝が活発で、免疫力も高く、病気をはね返す状態を保つことができます。
しかし、低体温になると「酵素」という物質がうまく働かなくなるため、消化が悪くなったり、疲れやすくなったりします。
また、血行も悪くなるのでむくみや腰の重さ、月経不順などの症状を引き起こすこともあります。

体温が1℃下がると免疫力は33%も低下すると言われており、風邪などの感染症や様々な病気にかかりやすい状態になってしまいます。
また、基礎代謝が12%もダウンすると言われ、消費するエネルギー量が少ないので肥満の原因にもなります。


薬工房コバヤシの得意疾患

赤ちゃん

子宝漢方相談

子宝相談にお見えの方々が子宝に恵まれるために、私が念頭においているのは
漢方療法による自然妊娠です。

お見えになりお話を伺うと少なからず、『体調(基礎体温のみだれ)』があります。

「体調(基礎体温の みだれ)」を整えることは、自然妊娠と安産が望めます。

ご存知のように、妊娠がゴールではありませんよね。妊娠はあくまで通過点であり、安産、そして、
出産後のご夫婦で安心して育児をすることが“誰でも望むゴール”です。
妊娠を目指して『体調(基礎体温のみだれ)』を整えることにより“こころとからだ”の準備が出来ます。


体外受精・顕微授精を繰り返されている方は、漢方療法により子宮内膜・卵巣や卵子の質の回復と向上につながります。

>>詳細は「不妊と漢方」
  「基礎体温と漢方」
をご覧ください。


美肌

アトピー性皮膚炎やお肌のトラブル

接触性皮膚炎のような、急性皮膚炎は抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤とステロ
イド軟膏で十分に治癒できるものがありますが、漢方 薬の併用で治癒期間が短縮されたり、ステロイド軟膏などを減量できます。状況により漢方のみでも十分 望めます。

漢方薬は西洋薬に比し、証が合えば、副作用はなく全体的な体調改善の効果がみられるので一部の妊娠中の
方以外の老若男女、誰にでも使用できます。

アトピー性皮膚炎をはじめとする、にきび、尋常性乾癬、主婦手湿疹、掌蹠膿疱症、しみ(肝斑)、蕁麻疹
など。長期悩まされている湿疹は、体質的な素因により発症しやすくなっていることもあり、体質の改善が肝要です。 体質的な素因は、漢方医学に添った弁証が必要になります。
また、それにそった食生活や生活習慣を一緒に考えていかなければなりません。


■最近、こんな「症状に覚えは」ありませんか?顔トラブルは

大人になってからの にきび、発疹
◇白くふくれて痛いにきび
◇赤いにきびが出てきた
◇痒いかさぶたが首まで
◇赤い発疹、ジュクジュクして痒い

漢方の療法
湿疹の炎症を鎮め、皮膚に栄養と潤いをつけて肌の健康を目指します。

また、生理不順があり、生理前に乳房が張って痛む。イライラし怒りぽっくなぜかなる。
生理がだらだら1週間以上続く、など症状がある方はホルモンバランスを整える漢方療法が効果的です。

>>お肌のトラブルは「皮フ病と漢方」 をご参照して下さい。

当店からのお願い

適切な漢方療法のためにはご本人が直接ご来店いただくことが大切です。
岡崎市、豊田市、碧南市、西尾市、大府市、豊明市などからは約20~40分、刈谷市、安城市、知立市、
高浜市は約20分前後の距離です、初めての方は必ずご本人が直接お越し下さい。
不妊相談の方は基礎体温表や不妊治療での血液検査記録をお持ちの方はご持参ください。

0566-22-3762
〒448ー0807
愛知県刈谷市東刈谷町3丁目13番地4